JA JA
/
EN EN

Club-head courtyard house長住の住宅

夫婦と2人の子供のための住宅である。戸建て住宅が密集する郊外で、外部への眺望がほとんど期待できないこと、またクライアントがセキュリティに対する強い関心を持っていたこともあり、外部に対しては最小限の開口を残して閉じ、中庭に大きく開く計画とした。中庭を通してその先に広がる空をできるだけ近くに感じるために、生活の中心となるリビングルームやキッチンなどの空間は2階に、3台の車のための車庫、寝室や浴室などの機能部を1階に配した。1階の諸室はその性格上、大きな開口部を必要としない反面、2階のリビングルームは開放的な大開口と、外部とのつながりが必要であるため、中庭は盛土によって2階の床レベル近くまで上げられ、道路に設けたエントランスから中庭を通じて2階の玄関にアプローチする構成とした。構造は壁式鉄筋コンクリート造である。外周部に配された耐力壁ですべての水平力を負担することができるため、2階の室内は壁をほとんど必要とせず、中庭に立てられたガラスを支持するスチール無垢材のマリオンは、屋根の鉛直力を負担する構造体でもある。

This is a house for a couple and 2 children in the rather dense residential area. To keep their privacy and the security, we introduced the club shape courtyard in the two story solid volume. Except the necessary ventilation slits and the entrance gate, there is no big window on the outside walls. On the contrary the facade facing to the courtyard are completely transparent, through which most of the day light comes in. While the parking and the bedrooms are located on the ground floor, the entrance and main living space is on the second floor. The interior space on the second floor continues to the other side of the building over the courtyard with green and the sky. Since the courtyard level is set between the first and the second floor, the courtyard works as the communication space between not only outside and inside but also two levels.To keep the courtyard side clear, the main structure of the concrete building is set in the outside walls. The mullions of the courtyard facade also work as the structural pillars supporting only for the vertical loads. The continuous and smooth glass wall brings the people from the street into the courtyard, where the interior and the exterior, the ground and the sky come together.

Project detail
構造structure
鉄筋コンクリート(RC造)concrete
場所area
福岡県福岡市 fukuoka fukuoka-shi
床面積floor space
222㎡
竣工年year
2008
竣工写真photo
Kouji Okamoto
設計design
末廣香織+末廣宣子/
NKSアーキテクツ
Kaoru Suehiro + Noriko Suehiro/
NKS Architects