JA JA
/
EN EN

Deep window house坂ノ市の住宅

都市郊外に建つ単身者のための住宅である。内部空間をできるだけ広々と使うために、収納や水回りなどの小部屋を建物の外周部に配置し、細長いひとつの大部屋を作った。天井の高い居間と比べて、西側の畳の間と東側の寝室は床レベルを1段高くして少し守られた場所とし、テラス下の天井高が低い部分を食堂とした。これら4つの部屋は互いに建具で仕切れるようにして、季節に応じた使い方に対応している。 建物の外周部は、庭に向けた南側の大きな窓、西側の景色を見るための窓、部屋の中に貫入したテラス上の空を見る窓、玄関、トイレ、居間へと光を導く窓などが様々な方向に開けられていて、移り変わる空の色や景色を室内から感じることができる。一方で大きな窓には雨戸を取付け、日射をコントロールするとともに防犯性を高めている。奥行きのあるこれらの開口部は、日射、視線、セキュリティーをコントロールする装置になっている。

Under construction.

Project detail
構造structure
鉄筋コンクリート(RC造)concrete
場所area
大分県大分市 oita oita-shi
床面積floor space
178㎡
竣工年year
2003
竣工写真photo
Kouji Okamoto
設計design
末廣香織+末廣宣子/
NKSアーキテクツ
Kaoru Suehiro + Noriko Suehiro/
NKS Architects